果実と加工品の品質要因としての微量成分の解明(325)

果実と加工品の品質要因としての微量成分の解明(325)

課題番号1992001452
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題原料に基づく果実の加工法と製品の品質保持技術の確立
中課題原料果実の特性解明と利用法の開発
小課題果実と加工品の品質要因としての微量成分の解明(325)
摘要マルメロ果実の風味は、品種により大きな差のあることが経験的に知られているが、微量成分であるために、これまで評価することができなかった。今回、回収揮発性成分の含有量を、50m溶融シリカキャピラリーカラムを用いたガスクロマトグラフィーにより調査した。その結果、香味の優れる在来種はスミルナ種に比べて、揮発性成分が著しく多いことが分かった。すなわち、在来種では果実1kg当たり8.8mg含有していたのに対して、香味の劣るスミルナ種はその約半分の4.6mgしか含まれていなっかった。一方、香気成分としては約70成分が検出されたが、成分組成に違いはなく、揮発性成分の絶対量の多いことが在来種の香味が高い原因であることが分かった。
研究分担育種・加工適性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030479
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat