果実の細胞膜機能の調節による品質制御に関する基礎研究

果実の細胞膜機能の調節による品質制御に関する基礎研究

課題番号1992001467
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間単H04〜H04
年度1992
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題果実の生理機能発現機構の解明とその応用技術の確立
中課題果実品質の生理機能発現要因の解明と制御技術の開発
小課題果実の細胞膜機能の調節による品質制御に関する基礎研究
摘要リンゴ果実の果肉や果汁の褐変は,果実に含まれるポリフェノール化合物がポリフェノールオキシダーゼの働きによって酸化重合することによって褐色の物質を生産するためである.また,褐変はカルシウムや窒素など,膜機能に変化をもたらす要因によって影響を受ける.そこでカルシウム等の処理によって生ずる膜機能の変化と褐変との関連をポリフェノールオキシダーゼの細胞内局在性や活性変化から調査してその機構を解明する.
研究分担盛岡・流通利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030494
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat