導入果樹品種の第1次特性調査のデータベース化(108)

導入果樹品種の第1次特性調査のデータベース化(108)

課題番号1992001472
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S58〜H04
年度1992
研究問題果樹の研究技術情報のシステム化
大課題果樹の遺伝資源情報管理利用システムの確立
中課題果樹遺伝資源情報の管理利用システムの確立
小課題導入果樹品種の第1次特性調査のデータベース化(108)
摘要本年特性調査を実施したアメリカ、カナダ、トルコ等から導入した品種及び野生系統、M.bacata ’Rockii’、M.transitoria、M.kansuensis 等30点の第1次特性調査結果をACOSに入力するためのデ−タシ−トに記入し、農業生物資源研究所・遺伝資源管理情報科にACOSへの入力を依頼した。入力された特性項目は、品種・系統の識別・同定に必要な新梢発育枝の毛茸の多少、葉身長、着葉状態、托葉の形状等18形質、また、1年生休眠枝については、毛茸の多少、枝の太さ、皮目の多少等9形質、合計27形質の他、特性調査結果を育種に有効利用するために必要な植物の種類、調査機関、調査年等をコ−ド化して入力した。
研究分担育種・育種4研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030499
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat