性誘引物質を利用したミカンハモグリガの発生生態の解明(272)

性誘引物質を利用したミカンハモグリガの発生生態の解明(272)

課題番号1992001477
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題果樹の研究技術情報のシステム化
大課題果樹病害虫に関する情報利用技術の体系化
中課題果樹害虫の発生予察用具の開発及びモニタリング法の開発
小課題性誘引物質を利用したミカンハモグリガの発生生態の解明(272)
摘要前年,粘着板(信越縮小型)の2,7列(付着部位面積の25%)に付着した成虫のみを計数し,4倍することで総数推定が可能であることを示唆した。本年はカンキツ園内6基,防風樹3基の計9トッラプについて,この方法の実証試験を実施した。延べ調査回数911回中推定値が実測値±25%の範囲内に納まらなかったのは56回(6.1%),総誘引数が300頭以上の例に限定すると664回中9回(1.4%)であった。この結果,誘引数が多いときに,この方法で高精度で総誘引数が推定できた。実際にはまず2,7列の付着数を数えて,合計が75頭以上の場合にこの方法を適用し,75頭未満の場合は残りの列も数えることにすればよい。
研究分担口之津・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030504
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat