スケトウダラ太平洋系群の許容漁獲量の推定(31)

スケトウダラ太平洋系群の許容漁獲量の推定(31)

課題番号1992005023
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題資源・漁業の管理技術の確立
大課題北海道周辺及びその接続海域における資源・漁業の適正管理手法の確立
中課題ニシン,スケトウダラ,イカ類等の水産資源の適正利用水準の推定
小課題スケトウダラ太平洋系群の許容漁獲量の推定(31)
摘要スケトウダラ太平洋系群の資源量を推定し,併せてその適正利用水準について検討した.資源量は前年に引続き減少していたが,63年級群の豊度は最近5年間のなかでは高いと見積られた.最近の漁獲量は,年々の加入をほぼ一定と仮定したときの適正利用水準を下回ると推定された.今後は,加入の年変動を加味した,より現実的な適正利用水準の推定手法を開発していく必要がある.資源量推定の過程で,若齢魚に加わる漁獲圧力が比較的強いことが明かとなった.スケトウダラ資源の保護と合理的な利用を進めるためには,若齢魚の保護に力点を置いた漁業管理を実施すべきと判断された.
研究分担資源管理・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat