北方系アサリの好適生育場の環境特性の把握(40)

北方系アサリの好適生育場の環境特性の把握(40)

課題番号1992005032
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題北海道海区における資源培養及び管理技術の確立
中課題砂泥域における魚介類の生産機構の解明
小課題北方系アサリの好適生育場の環境特性の把握(40)
摘要北海道のアサリ漁業生産状況の実態を調査した結果,主要な産地は釧路・根室支庁管内で,これらの産地での漁獲量が北海道全体のそれの99.9%を占める.その他は,渡島・胆振・後志・網走でそれぞれ断続的に少量の生産が記録されているに過ぎない.そして,主要産地の北海道東部地域での分布密度は最大約100個体/■と高いが,南西部では10分の1未満の低い密度であること等が明らかにされた.今後は発生稚貝分布の時間的推移や摂餌生態を調査し,アサリ造成漁場の好適生育環境条件を解明する.
研究分担資源増殖・魚介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030552
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat