海草類の生長量における環境要因の解明

海草類の生長量における環境要因の解明

課題番号1992005034
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題北海道海区における資源培養及び管理技術の確立
中課題砂泥域における魚介類の生産機構の解明
小課題海草類の生長量における環境要因の解明
摘要北海道沿岸においては海産顕花植物群落と密接に結びついている水産業も少なくない.アマモ等の海産顕花植物はそれらを直接摂取する動物は少ないものの,沿岸域に群落を形成しその一次生産量が大きく,デトリタス食物連鎖を通じて沿岸・内湾域における物質循環に大きく関わっており,低次生物生産機構として重要な位置を占めている.北海道沿岸のアマモ・オオバアマモ等の群落についてそれらの消長を追跡した研究はあるが,一次生産量がどのような因子で制限されているかは明らかにされていない.本課題ではアマモ・オオバアマモの生長量の周年変動と群落の環境条件変動の関連から上記の制限因子を明らかにすることを目的とする.
研究分担資源増殖・藻増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat