海藻類の生理活性物質の検索(43)

海藻類の生理活性物質の検索(43)

課題番号1992005036
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間完S63〜H03
年度1992
研究問題増養殖場の管理技術の確立
大課題北海道海区における造成藻場の管理技術の確立
中課題造成藻場における海藻類の遷移機構の解明
小課題海藻類の生理活性物質の検索(43)
摘要これまで比較的極性の低い物質を中心に海藻由来の生理活性物質を検索していたが,本年度は水溶性の画分からの摂餌刺激,誘引およびその他の生理活性物質の検索を行った。コンブの熱水抽出物からウニ・アワビ等植食動物の摂餌刺激物質としてアルギン酸を中心とする多糖を得た。さらにこの画分とアミノ酸を主成分とする画分の混合物は,非常に強い摂餌刺激並びに誘引活性を示すことが明かとなった。しかし,多糖を含む画分の分離精製は非常に困難であり,分離法および抽出方法の検討が必要である。また,植食動物以外に対する生理活性として,Macrocystis integrifoliaの熱水抽出物のフコイダンを主成分とする画分には,ras癌遺伝子を導入して製作した悪性形質転換株を正常形質に戻す働きがあることが明かとなった。なお,本研究により明らかになった問題点は,次期経常課題へ引き継ぎ,さらに検討を加える。
研究分担資源増殖・藻増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat