積雪下環境の実態と成立機構の解明(15)

積雪下環境の実態と成立機構の解明(15)

課題番号1992002533
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H03〜H07
年度1992
研究問題多雪地農業における克雪技術の確立
大課題多雪地における積雪の制御・利活用技術の開発
中課題積雪の制御と利活用技術の開発
小課題積雪下環境の実態と成立機構の解明(15)
摘要ガラス電極・ガスクロ等により積雪層中の二酸化炭素濃度を測定し、拡散理論による積雪層中二酸化炭素濃度モデルを検証した。モデルによる予測値は、実測値のおおまかな変動をよく再現しているが、短い周期の変動は再現していない。この短周期の変動は積雪層下面よりの底面流出水量の変化と対応しており、底面流出の発生時には二酸化炭素濃度の低下が認められた。これにより、拡散のみではなく液体水への溶解等の現象も考慮に入れたモデルの改良の必要性が明らかになった。
研究分担地域基盤・気象資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030577
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat