無花粉化イタリアンライグラス品種の育成(24)

無花粉化イタリアンライグラス品種の育成(24)

課題番号1992002543
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H03〜H12
年度1992
研究問題多雪地農業における克雪技術の確立
大課題多雪地における越冬作物の生産性向上技術の確立
中課題ライグラス類の耐雪多収性品種の育成
小課題無花粉化イタリアンライグラス品種の育成(24)
摘要平成3年7月に雄性不稔個体24個体と正常稔性個体(ワセアオバ)のペアクロスによりF1を採種し、10月に播種した。今後、それら雑種の花粉稔性を調査し、効率よく不稔を維持する花粉親としてのワセアオバを選抜し、維持系集団を育成する。雄性不稔個体の葯は黄褐色を呈し、その大きさは正常個体に比べ明らかに小さく萎縮しており、開花後も葯の裂開がみられなかった。正常個体の花粉粒は酢酸カーミンで染色されるのに対し、雄性不稔個体の花粉粒は全く染まらなかった。また雄性不稔個体の葯組織の解剖観察結果より、主にタペート細胞の異常により花粉粒が発達しないことが明らかとなった。
研究分担水田利用・飼料作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030587
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat