直播適応性品種の生理生態的特性の解明

直播適応性品種の生理生態的特性の解明

課題番号1992002578
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題北陸平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題水稲の低コスト・高位安定生産技術の確立
小課題直播適応性品種の生理生態的特性の解明
摘要農業の国際化が進む中で、米生産の低コスト化が緊急の課題になっている。直播栽培は稲作の大規模化・省力化に効果的な方式であり、昭和30年代から各種の試験が実施されてきたが、機械移植方式が確立されたこともあって、未だ広く普及するには至っていない。直播栽培の確立のためには栽培管理技術、機械作業技術の開発とともに直播適応性品種の育成が必要である。そこで、本課題では新品種開発に資するために稲育種分野と連携し、既存の品種・系統及び新たに開発される系統を供試して出芽・苗立ち、初期生育、播種密度や施肥に対する生育反応、倒伏抵抗性、収量性等の面から直播適応性品種が具備すべき生理生態的特性を解明する。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030622
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat