稲遺伝資源の評価と利用技術の開発

稲遺伝資源の評価と利用技術の開発

課題番号1992003859
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関雲南省農業科学院;福井県農試【冨田桂】
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における稲作の改善
中課題熱帯・亜熱帯における稲の育種
小課題稲遺伝資源の評価と利用技術の開発
摘要稲栽培の起源地と目される中国・雲南省には,豊富な稲遺伝資源が存在するが,その特性評価が不十分なため,育種への利用が遅れている現状にある。そこで,これら遺伝資源の特性を新技術を加味して検定評価し,育種への有効利用を図る必要がある。さらに,中国においてはこれまで,「原生遺伝」プロ研において,耐冷・耐病・多収性品種を育成したが,品質の向上が次の大きな課題となっている。そのため,稲遺伝資源の評価を品質に関して行い,良質品種を育成する。
研究分担研二(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030696
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat