亜熱帯作物種子の発芽力の増進技術の開発

亜熱帯作物種子の発芽力の増進技術の開発

課題番号1992003865
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関大阪府立大学【山口俊彦】
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における畑作の改善
中課題熱帯・亜熱帯における畑作物の育種
小課題亜熱帯作物種子の発芽力の増進技術の開発
摘要長期保存によって発芽力が低下したり、遺伝資源の導入時点ですでに発芽力が低下している種子も多い。また、熱帯果実や一部のマメ科作物ではrecalcitrant seedである。そこで、このような種子に対する植物ホルモンの発芽力の向上効果を検討した。長期保存し発芽力が低下した熱帯マメ科牧草のCentrosema pubescensの種子を用い、発芽力を向上させるために適するホルモンの種類およびその濃度を調査したところ、(+)−ABAの百万分の1ppm濃度が最適であることが明らかになった。この処理条件で、発芽力の低下したその他の5属8種のマメ科作物種子にホルモン処理を行ったところ、そのうち4属6種で正常に発芽させることに成功した。
研究分担沖縄・作物育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030702
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat