新熱帯マメ科野菜フタゴマメの導入じゅん化

新熱帯マメ科野菜フタゴマメの導入じゅん化

課題番号1992003877
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間新H03〜H06
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における野菜生産技術の改善
中課題熱帯・亜熱帯における野菜の育種
小課題新熱帯マメ科野菜フタゴマメの導入じゅん化
摘要亜熱帯地域に位置する南西諸島向けに有望な新規野菜としてナイジェリア原産のフタゴマメを取り上げる。アフリカ及び東南アジアより遺伝資源を導入し、南西諸島の気象や土壌条件にじゅん化しかつ生食用にも優れた遺伝的特性を有する系統を選抜する。研究初年度である本年は、ザンビアやインドネシアで購入し導入した遺伝的に雑多なマーケットサンプル種子を用い、517株を栽培しそれらを中心に評価した。その結果、百粒重が80g以上の株が4株、1株子実重が130g以上の株が12株得られ、これらに加え莢色や種皮色について特色のあるものも含めて次年度の選抜にかけることにした。
研究分担沖縄・作物育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030714
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat