中国における野菜の耐暑性の改善(47)

中国における野菜の耐暑性の改善(47)

課題番号1992003879
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関上海市・広東省農科院;野茶試・併
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における野菜生産技術の改善
中課題熱帯・亜熱帯における野菜の栽培技術の開発
小課題中国における野菜の耐暑性の改善(47)
摘要中華人民共和国・上海市農業科学院並びに広東省農業科学院において、野菜の耐暑性の改善に関する研究を、育種、栽培の両方面から実施した。キュウリでは、日中双方の品種を利用して、上海で滬103号、広東で合交1号などの有望系統を育成し、次年度の現地試験を予定している。ピーマン、ハクサイでは交配親系統の選抜を継続しているが、まだ有望系統の育成には至っていない。その他、キュウリ、ハクサイの耐病性幼苗検定法の確立、ピーマン、レタス、ホウレンソウに対する雨よけあるいは遮光栽培の効果の確立、トマトの着果促進に対する化学調節剤利用の効果確立を行った。
研究分担研一(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030716
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat