サトウキビ間作による夏野菜の収量、品質向上技術の開発(54)

サトウキビ間作による夏野菜の収量、品質向上技術の開発(54)

課題番号1992003883
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における野菜生産技術の改善
中課題熱帯・亜熱帯における野菜の栽培技術の開発
小課題サトウキビ間作による夏野菜の収量、品質向上技術の開発(54)
摘要沖縄県の特産作物であるサトウキビの防風効果、遮光効果等を活用し、また土地の有効利用を図るため、サトウキビ間作夏野菜の新作付体系について検討した。キャベツ、サントウサイ、ダイコン共に収量は畦の位置がサトウキビに近づくほど低下し、東西畦ではサトウキビのすぐ北側の畦の収量が最も低くなった。サトウキビによる生育抑制はサトウキビから2m以上離れると認められなくなった。これらのことから、サトウキビの茎葉の繁茂から生じる遮光による増収効果はなく、むしろ遮光が強すぎてキャベツ、サントウサイ、ダイコンともに単作に比べて間作で収量が大幅に低下することが明らかになった。
研究分担沖縄・導入栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030720
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat