マージ土壌における新規作物の導入・定着化技術の開発(185)

マージ土壌における新規作物の導入・定着化技術の開発(185)

課題番号1992003886
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関沖縄県農業試験場
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における野菜生産技術の改善
中課題熱帯・亜熱帯における野菜の栽培技術の開発
小課題マージ土壌における新規作物の導入・定着化技術の開発(185)
摘要南西諸島における夏野菜の安定的な栽培法を開発するため、サトウキビによる強風対策、被覆資材による強日射、病害虫対策の確立を試みた。サトウキビ畑に隣接するオクラ、カボチャ等の畑は台風時にも他の畑と比較して被害が少なく、サトウキビが防風垣として有効であることが示されたが、野菜との間作についてはなお多くの検討が必要であると思われた。また、2mm程度の目の白色防風ネット等による浮きがけ栽培は害虫防除に有効であることが明らかになった。また亜熱帯圃場の地力維持に必要な有機質の難分解化をHALを用いて試みたところ、分解抑制効果が高いことが明らかになったが、堆肥化促進における担子菌の利用は実用的ではないと思われ、他の菌の利用が必要である。
研究分担沖縄企連・研究企画(支所長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030723
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat