亜熱帯における有機物資源の堆肥化(71)

亜熱帯における有機物資源の堆肥化(71)

課題番号1992003897
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関農環研
研究期間継S60〜H07
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における地力の維持向上
中課題熱帯・亜熱帯における土壌管理技術の開発
小課題亜熱帯における有機物資源の堆肥化(71)
摘要熱帯・亜熱帯地域において、堆肥化素材となり得る各種の作物について、作物の生育に対する阻害作用の経時変化を検討した。供試した作物の中で、ピジョンピー、クロタラリア、ムクナおよびギンネムに強い幼根伸張阻害作用が認められ、ネピアグラス、サトウキビおよびモクマオウの阻害作用がそれに次いだ。また、原因は明かでないが、ネピアグラスとギンネムでは一度活性が下がって再び上がる傾向があった。いずれにしても、堆積後1か月を経過すれば、すべての素材のレタス幼根伸張阻害率は著しく低下し、その後4カ月まで試験を継続しても、次作物に影響を及ぼすような強い活性を示すことはなかった。
研究分担沖縄・地力維持研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030734
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat