熱帯果樹ウイルス性病害の生態解明と制御技術の開発(他の果樹等)(80)

熱帯果樹ウイルス性病害の生態解明と制御技術の開発(他の果樹等)(80)

課題番号1992003908
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における病害の生態の解明と防除技術の確立
小課題熱帯果樹ウイルス性病害の生態解明と制御技術の開発(他の果樹等)(80)
摘要沖縄県各島および鹿児島県奄美大島より採取したウイルス罹病様パパイヤ(101株)を温室内のパパイヤ10品種にカーボランダム法により汁液接種し、ウイルス株間およびパパイヤ品種間での反応差異を調べた。採取したウイルス株は全てのパパイヤ品種に感染した。このうちの2株(No.69,No.133)は全体に軽微な病徴を現したが、他は奇形を伴う激しいものが多かった。各品種の感染率は台農雑交3号がやや低かったが、ウイルス抵抗性を示す品種はなかった。以上の結果から、沖縄近辺のパパイヤに発生するウイルスは、病徴の軽微なものと激しいものがあり、パパイヤ品種間での反応の差異は認められないことが明らかになった。
研究分担沖縄・作物保護研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030745
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat