マレイシア・ムダ地区におけるトビイロウンカ大発生機作の解明

マレイシア・ムダ地区におけるトビイロウンカ大発生機作の解明

課題番号1992003916
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における有害動物の生態の解明と防除技術の開発
小課題マレイシア・ムダ地区におけるトビイロウンカ大発生機作の解明
摘要マレイシア・ムダ地区において1991年第2作にトビイロウンカの大発生が見られ,発生状況調査と原因解析を行った。第1作はダムの水不足で潅漑水が供給されず,降雨に頼る乾田直播栽培により作付けされ,収穫時期が遅れて第2作との重なりが例年より大きかった。トビイロウンカは第1作ではごく小発生であったが,第2作ではこれまでで最高の発生面積を記録した。この原因を降雨量,作付進展状況,品種などの観点から検討した。しかしいずれも単独で大発生を説明することはできなかった。リサ−ジェンスが大発生の主因である可能性は高いが,デ−タが不十分で断定するには至らなかった。
研究分担研一(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030753
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat