牧草の生産安定技術の開発(186)

牧草の生産安定技術の開発(186)

課題番号1992003934
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関沖縄県畜産試験場
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における畜産技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯草地の改良技術の開発
中課題熱帯・亜熱帯における牧草・飼料作物の導入と栽培技術の開発
小課題牧草の生産安定技術の開発(186)
摘要本年度はギニアグラス(ナツユタカ)とチナルーグリシンの混播効果が高く、両草種とも家畜の嗜好性、耐蹄傷性等の放牧適性が高いことを明らかにした。適正な窒素施肥量は明らかにできなかった。全研究期間を通して、亜熱帯の、劣悪な土壌条件下にもギニアグラスは適応性が高く、混播するマメ科牧草としてはチナルーが良好であり、両草種は家畜の嗜好性、耐蹄傷性等の放牧適性がともに高く、南西諸島の草地構成種として優れていることを明らかにした。また、ギニアグラスの生育旺盛期の施肥は避け、放牧管理にあたってはギニアグラスの生育を抑制する方向での処理が必要であること等も明らかにした。今後の課題として、既存草地へのマメ科牧草の導入に際しての機械化と機械化の困難な放牧地におけるマメ科牧草の播種法が残された。
研究分担沖縄企連・研究企画(支所長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030771
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat