マングローブの光合成能(178)

マングローブの光合成能(178)

課題番号1992003963
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における農林業生産総合技術の開発、改善
大課題熱帯・亜熱帯における森林保全及び森林育成技術の開発,改善
中課題熱帯・亜熱帯における森林生態系保全技術の高度化
小課題マングローブの光合成能(178)
摘要オヒルギは海水の濃度で軽いしおれが生じた。処理1か月後にはオヒルギ、ヤエヤマヒルギ共に海水の濃度で生育が大幅に抑制された。光合成速度はオヒルギでは海水の1/8濃度、ヤエヤマヒルギでは水道水及び海水の1/8濃度で最大値を示し、それよりも塩分濃度が高まるにつれて低下した。気孔拡散伝導度も塩類濃度に対して光合成速度と同様の変化を示すことから、濃い塩類濃度での光合成速度の低下は気孔の閉鎖による影響が大きいものと考えられた。これらのことから、河口域及び内湾以外の海岸でマングローブ林が成立しにくい原因には従来、考えられていた風波の影響だけでなく、塩類濃度が高いことによる生育抑制の影響も含まれることが明らかになった。
研究分担沖縄・導入栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030800
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat