マングローブ樹の耐塩・耐寒性系統の細胞選抜(177)

マングローブ樹の耐塩・耐寒性系統の細胞選抜(177)

課題番号1992003964
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における農林業生産総合技術の開発、改善
大課題熱帯・亜熱帯における森林保全及び森林育成技術の開発,改善
中課題熱帯・亜熱帯における森林生態系保全技術の高度化
小課題マングローブ樹の耐塩・耐寒性系統の細胞選抜(177)
摘要本研究ではマングロ−ブの環境耐性をさらに高めるためにその組織・細胞培養系を確立し、耐塩・耐寒性の細胞選抜法を開発する。本年度はオヒルギ、ヤエヤマヒルギの2樹種からのカルス誘導条件、主として置床する外植体の部位と培地に添加するホルモンの組成と濃度について検討した。その結果、オヒルギ、ヤエヤマヒルギの葉身および胚軸が伸長した胎生種子からはカルスは誘導できなかったが、オヒルギの胚軸伸長前の種子の種皮内壁から白色、粒状のカルスが得られた。カルスの誘導には0.2〜2ppm程度のオ−キシン、あるいはオ−キシン+サイトカイニンの培地への添加が有効であった。得られたカルスは誘導培地と同組成の培地で継代増殖中である。
研究分担沖縄・作物育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030801
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat