熱帯荒廃林地の回復とアグロフォレストリー

熱帯荒廃林地の回復とアグロフォレストリー

課題番号1992003968
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関森総研【佐藤明】
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における農林業生産総合技術の開発、改善
大課題熱帯・亜熱帯における森林保全及び森林育成技術の開発,改善
中課題熱帯・亜熱帯有用樹種育成技術の確立
小課題熱帯荒廃林地の回復とアグロフォレストリー
摘要フイリピン・ルソン島中部の荒廃地に植栽されたアカシア・アウリカリフォルミスが、山火事により焼失した。その後、稚樹の更新が認められたので焼失した2林分と、近隣の無被害1林分を対象に発生状態を調査した。樹高が高く樹齢の高い、林分構造のほぼ等しい被害林分と無被害林分間で比較した結果、上木が焼失した林分で更新樹が多く、稚樹高も高いことが認められた。しかし、樹高が低く若齢の被害林分では更新樹がなかった。以上の結果、種子生産が可能な林分では、上木が焼失しても天然更新が可能と考えられたが、若齢林分での更新は植栽によるしかないといえる。
研究分担環境資源(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030805
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat