ストレス耐性の生理・生化学的機作の解明−土壌水分ストレスに対する生育反応の作物・品種間差異(143)

ストレス耐性の生理・生化学的機作の解明−土壌水分ストレスに対する生育反応の作物・品種間差異(143)

課題番号1992003976
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関北農試
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における生物機能の特性の解明と利用
大課題環境ストレスに対する植物の生理生態的反応
中課題熱帯における植物のストレス耐性機構の解明と利用
小課題ストレス耐性の生理・生化学的機作の解明−土壌水分ストレスに対する生育反応の作物・品種間差異(143)
摘要個体当たり蒸散量と乾物増加量との関係は作物間で異なり、水利用効率はソルガム、トウモロコシで大きい値を示し、大豆、陸稲で小さい値で、落花生およびササゲは中間の値であった。低土壌水分条件下で、かんしょの葉身は昼間萎凋するが、塊根の肥大は認められ、塊根への分配率は大きかった。ソルガムでは生育が遅延し穂重は小さく不稔粒が多かった。ササゲの主茎および分枝の伸長が抑制されたが、早期に開花結実した。かんしょの低土壌水分条件下における塊根肥大の品種間差異をみると、コガネセンガン>沖縄100号>ベニアズマの順で塊根重が多かった。
研究分担基盤技術(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030813
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat