バレイショのミトコンドリアDNAの変異解析(158)

バレイショのミトコンドリアDNAの変異解析(158)

課題番号1992003981
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間完S63〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における生物機能の特性の解明と利用
大課題熱帯・亜熱帯における植物・動物相と作物との相互作用の解明と利用
中課題熱帯・亜熱帯における作物及び近縁種の多様性の解明と利用
小課題バレイショのミトコンドリアDNAの変異解析(158)
摘要南米特産のアンデイゲナの1品種と日本の栽培バレイショ21品種の葉からミトコンドリアDNAを単離・精製し、これを5種類の制限酵素(HindIII, SalI, PvuII, SmaI及びXhol)により切断した後、電気泳動パターンを比較した。全バンドパターンによって品種は4タイプに分類できた。さらに、電気泳動後、DNAをナイロン膜に吸引転写し、イネのミトコンドリア遺伝子DNAをプローブとしてサザンブロット法により詳細な分析をすると、制限酵素HindIIIとプローブatpAの組み合わせ及びXhoIとCOXIの組み合わせでハイブリッドバンドパターンに変異が確認できた。本研究プロジェクトによって開発されたバレイショにおけるミトコンドリアDNAの分析法(制限酵素断片長多型法とサザンブロット法)は、原産地の多様な遺伝資源の管理及び評価に際して新しい方法として利用できる。
研究分担基盤技術(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030818
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat