熱帯マメ科作物の不良土壌適応性機構の解明

熱帯マメ科作物の不良土壌適応性機構の解明

課題番号1992003993
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間新H04〜H09
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯における生物機能の特性の解明と利用
大課題熱帯・亜熱帯における植物・動物相と作物との相互作用の解明と利用
中課題熱帯・亜熱帯における作物と微生物の相互作用の解明とその制御
小課題熱帯マメ科作物の不良土壌適応性機構の解明
摘要熱帯半乾燥地帯に広く分布するアルカリ土壌では、作物の鉄欠乏が大きな問題となっている。そこで本課題では熱帯マメ科作物の鉄欠乏耐性を遺伝的に向上させる事を目的とし、熱帯マメ科作物の鉄欠乏耐性機構と耐性遺伝子を明らかにする。これまで熱帯マメ科作物であるヒヨコマメおよびリョクトウにおいて鉄欠乏耐性に関して大きな品種間差異があることを明らかにし、これらの種子の増殖を図ってきた。今後これらの材料を用いて品種間差異の生ずる生理的要因を明らかにするとともに、分子生物学的手法を用いて、鉄欠乏耐性遺伝子を明らかにする。
研究分担沖縄・地力維持研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030830
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat