侵食・劣化の発生情況の把握

侵食・劣化の発生情況の把握

課題番号1992004022
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題熱帯・亜熱帯の地球環境保全機能の解明と農業限界地等における環境資源の利用技術の開発
大課題荒廃農耕地の回復技術の開発
中課題耕地の侵食・劣化動態と対策技術の開発
小課題侵食・劣化の発生情況の把握
摘要パキスタンの土壌侵食・劣化の状態を調査した。ファタジャン地帯では百万ヘクタールの土地が侵食・風食されており、そのため土地利用計画が進められつつある。周辺の地形、水系等を考えて作物栽培適地、その他草地、樹園地、林地に区分けをしてそれぞれの区で収入をあげ、かつ低コスト自然生態系調和型農業の確立をめざしている。土地整備費についても、なだらかな地域は1847ルピー/ha、急峻な地では6735ルピー/ha、と土地整備費の目安をたてている。景観は大きなくくりで言えばアグロフォレストリーであり、対策試験としては(1)ユーカリの栽植、(2)作物の植栽方式の試験、(3)表面流去の防止等が計画されている。
研究分担環境資源(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030859
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat