日本海北部沿岸の春季のブルーミングの時期と規模の把握(6)

日本海北部沿岸の春季のブルーミングの時期と規模の把握(6)

課題番号1992005421
研究機関名日本海区水産研究所(日水研)
研究期間完S61〜H03
年度1992
研究問題水域における生物生産機構の解明
大課題日本海における低次生物生産構造の解明
中課題日本海におけるプランクトンの生産と環境条件の解明
小課題日本海北部沿岸の春季のブルーミングの時期と規模の把握(6)
摘要2年12月から3年7月まで,新潟沿岸の水深90mの地点に建設された海底油田プラットフォ−ムで実施した水温,塩分,クロロフィル濃度の時系列観測結果を解析した。その結果,クロロフィルは12月から4月上旬までは比較的低濃度で安定して推移したが,4月下旬から5月初めにかけては,それ以前の10倍以上の増加を示した。併せて,信濃川,阿賀野川の河川流量,沿岸の流動,プラットフォ−ムにおける塩分及び栄養塩濃度の変動を解析した。約10日間続いたブル−ミングの終息が栄養塩の大幅な減少と一致したこと,またブル−ミングの出現時期が水温躍層の発達時期と一致していたことから,ブル−ミングの形成には,水柱の鉛直安定度の増大が関与していることが示唆された。
研究分担海洋環境・海動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030866
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat