棘皮動物と巻貝類の共存下における摂餌活動

棘皮動物と巻貝類の共存下における摂餌活動

課題番号1992005462
研究機関名日本海区水産研究所(日水研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題増養殖場の管理技術の確立
大課題日本海における増養殖漁場環境の解明
中課題岩礁域における生物生産機構の解明
小課題棘皮動物と巻貝類の共存下における摂餌活動
摘要磯焼けが発生する浅海岩礁域には、出現動物群の中で棘皮動物や巻貝類の植食動物が優占している。この研究ではこれらの動物群の磯焼け地域での共存状態を把握するとともに、共存下においてどのような摂餌活動を示すかを、主に室内実験によって明らかにする。これによって、各々の植食動物が磯焼けに与える影響を複合的に把握する。4年度では、日本海北部海域において磯焼け区域と非磯焼け区域が比較的隣接する調査地点を設定し、これらの区域において、棘皮動物と巻貝類を中心とした植食動物の共存関係を個体群密度や構造について潜水調査を行う。また、補足的に周辺海域の海洋調査を実施するとともに、飼育実験のための動植物材料の検討を行う。
研究分担資源増殖・介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030907
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat