かんしょ加工用適品種の選定ならびに育成(37)

かんしょ加工用適品種の選定ならびに育成(37)

課題番号1992002973
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関技会
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題いも類の優良品種の育成
小課題かんしょ加工用適品種の選定ならびに育成(37)
摘要加工用かんしょにおいて、でん粉以外の用途拡大を図り、新しい需要を作出するために、新食品素材としてのかんしょ品種を開発する。実生個体選抜試験では低糖、調理後黒変少などの特性を持つ母本間の交配を行い、17組合せ244個体を選抜した。系統選抜予備、系統選抜試験では低糖、高カロチン、調理後黒変少を重点に、それぞれ7組合せ20系統、7組合せ15系統を選抜した。また焼酎醸造適性を見るために、蒸しいもの香りにより23系統を、更にミニ醸造試験により焼酎の香味の優れた九州108号、九系137を選抜した。
研究分担畑地利用・甘しょ育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030958
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat