さとうきびとの交雑によるスイ−トソルガム高糖性育種素材の開発

さとうきびとの交雑によるスイ−トソルガム高糖性育種素材の開発

課題番号1992002990
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H03〜H09
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題工芸作物の優良品種の育成
小課題さとうきびとの交雑によるスイ−トソルガム高糖性育種素材の開発
摘要属間交雑によってさとうきびの高糖性遺伝質をスイ−トソルガムに導入して、新規資源作物の創出を目的としている。初年度は、スイ−トソルガム20品種(内10観察品種)と雄性不稔6系統にさとうきび品種(NCo310)を加えて、生育、収量及び糖蓄積過程を比較検討した。登熟期におけるスイ−トソルガムのブリックス値は8〜16.5%の範囲に分布し、その遺伝的変異が大きいことを認めた。供試品種を収穫期の収量と糖度との両値から多収型、高糖型、多収高糖型に分類して、さとうきびとの交配親選択に対する基礎デ−タを得た。また、子実型の雄性不稔系統の中は、多収性には難点があるものの交配材料として2,3の高糖性系統を選択した。
研究分担作物開発・きび育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030975
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat