暖地型牧草の導入、評価と保存(57)

暖地型牧草の導入、評価と保存(57)

課題番号1992002993
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S60〜H06
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題牧草・飼料作物の優良品種の育成
小課題暖地型牧草の導入、評価と保存(57)
摘要海外及び国内から収集したペニセタム属(ネピアグラス及びその交雑種)29系統とギニアグラス及びグリーンパニック38系統について特性調査を行った.ペニセタム交雑種は越冬しなかったが,糖度と乾物率はネピアグラスより高かった。ネピアグラスはほとんどの系統が良好に越冬した。ギニアグラスは,出穂期及び形態的特性の変異が大きかったが,草丈等でナツカゼ等の育成品種を上回る系統はなかった。グリーンパニックは,形態的特性が既存品種のペトリーに似ており変異が小さかった。暖地型牧草の保存は,栄養体で198点,種子で8270点を行っている。
研究分担草地・牧草育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030978
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat