高蛋白性ギニアグラスの簡易選抜システムの開発(65)

高蛋白性ギニアグラスの簡易選抜システムの開発(65)

課題番号1992002999
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題牧草・飼料作物の優良品種の育成
小課題高蛋白性ギニアグラスの簡易選抜システムの開発(65)
摘要ギニアグラスの高品質品種育成のため,栄養価の主要部分を占める粗蛋白質含量について,近赤外分光光度計(NIRS)を利用して早期世代に簡易的に選抜する方法を確立する.このため,系統,生育期,栽培方法が異なる標準サンプルを用意し検量線を作成し,実際の個体・系統の簡易選抜に活用する.本年度は検量線作成に必要なサンプルを採取するため,ギニアグラス6品種について施肥量の異なる4種類の試験区を設置し,3回刈を行い計72種類のサンプルを採取した.これらについて,粗蛋白質含量等6成分を通常の方法により分析した.来年度は,このサンプルを用いて検量線を作成する.
研究分担草地・牧草育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030984
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat