南西諸島向き優良桑品種の育成

南西諸島向き優良桑品種の育成

課題番号1992003008
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H04〜H13
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題桑の優良品種の育成
小課題南西諸島向き優良桑品種の育成
摘要南西諸島では桑の周年栽培が可能なことから、蚕の周年飼育が行われているが,適応する桑品種が少ないため桑園の生産性が低く、周年養蚕のメリットが生かされていない。そこで、良質多収、耐赤渋病、非休眠性で再発芽性、発根性が良好な南西諸島向き桑品種の育成を目的とする。収集シマグワや休眠の極浅い保存桑を用いて交配し、個体選抜、系統選抜から優良品種を育成する。これができると、赤渋病に対して罹病率が低下し、良質多収の桑葉が生産でき、飼料効率の向上や薬散回数の減数が期待できる。また、発根性が良好となることから、桑園の造成や改植が容易にできる。
研究分担作物開発・桑育養蚕研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030993
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat