作付体系と畑地生産力(100)

作付体系と畑地生産力(100)

課題番号1992003017
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S60〜H07
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の安定多収栽培技術と品質向上技術の開発
中課題輪作機能の解明と畑作物の高品質生産技術の開発
小課題作付体系と畑地生産力(100)
摘要4年輪作の2巡目のサトイモについて,堆肥施用,大麦作付,プラウ耕の有無の影響について検討した。各処理では堆肥施用,大麦作付で増収効果が認められた。プラウ耕は冬作休閑との組合せで若干の収量低下を招いた。分球数では処理間差が小さく,芋重が収量制限要因となった。収量にはこれらの処理の効果が相加的に現れた。地上部の生育は8月中旬で最高となり,芋数も8月下旬で収穫時の上芋数とほぼ同じとなった。4年前との比較では処理効果の傾向は同じであったが,大麦作付による芋の肥大がより促された。また,本年は親芋の生育が劣ったが分球の生育は良く,転流効率が向上した。
研究分担畑地利用・作付体系研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031002
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat