過酸化脂質の少ない健全性に優れた新規大豆食品の開発

過酸化脂質の少ない健全性に優れた新規大豆食品の開発

課題番号1992003031
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の安定多収栽培技術と品質向上技術の開発
中課題農産物の品質向上技術の確立
小課題過酸化脂質の少ない健全性に優れた新規大豆食品の開発
摘要従来の大豆の欠点である青豆臭が除去されたリポキシゲナーゼ完全欠失大豆(九州111号)は、新規食品開発の素材として注目される。また、過酸化脂質は様々な病因や老化・発ガンに関わっているが、リポキシゲナーゼは過酸化脂質を生成する作用があるので、リポ欠大豆から作られた食品は健全性の点でも従来の大豆食品より優れることが期待される。そこでリポ欠大豆を用いてドレッシング・タレ・大豆粉・発酵食品・豆腐菓子などの加工食品を試作し、試作品の品質・健全性を評価する。民間食品会社4社、大学、県機関と九州農試の3研究室で、この官民共同研究は行われるが、品質評価研究室では、リポ欠大豆の原料・試作品の香気成分などの分析を行い、従来の大豆食品との成分面での差を明らかにする。
研究分担作物開発・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031016
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat