アミノ酸バランスに基づく蛋白質の合理的給与(121)

アミノ酸バランスに基づく蛋白質の合理的給与(121)

課題番号1992003037
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関東北農試
研究期間完S00〜S00
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題畜産物の高品質・高付加価値生産技術の開発
中課題家畜の消化機構及び栄養素要求量の解明
小課題アミノ酸バランスに基づく蛋白質の合理的給与(121)
摘要15種の養豚飼料原料について、真のアミノ酸消化率を明らかにした。また、アミノ酸消化率の加法性について検討した結果、見かけのアミノ酸消化率では加法性に問題があるが、真の消化率では加法性に問題のないことが認められた。次に、繁殖母豚のリジン要求量を、妊娠中期と後期ならびに授乳期において算定した。その結果リジンの要求量は、妊娠中期では6.3g/日と少なく、胎児の成長が盛んな妊娠後期では10.8g/日と多くなった。一方、授乳期では47.4g/日となり、妊娠期に比べると、リジンの要求量が著しく多くなることが明らかになった。
研究分担畜産・肉畜生産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031022
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat