処理タンパク質の有効利用による発育改善技術の開発(120)

処理タンパク質の有効利用による発育改善技術の開発(120)

課題番号1992003041
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題畜産物の高品質・高付加価値生産技術の開発
中課題合理的飼料給与及び飼養管理技術の確立
小課題処理タンパク質の有効利用による発育改善技術の開発(120)
摘要子牛の下部消化管の消化機能を検討するため、各種タンパク質飼料を試料として入れた小型のナイロンバッグを十二指腸カニューレより投入しその消失率を測定した。乾物の消失率は、2週齢ではフェザーミール、チキンミール及びとうもろこしが低く、6週齢では全ての飼料で高くなった。タンパク質の消失率は2週齢ではフェザーミール、とうもろこし及び魚粉が低く、6週齢ではとうもろこし(67.7%)以外は90%かそれ以上の高い消失率を示した。子牛の下部消化管の消化機能は2週齢では未発達の面が見られるが、6週齢ではかなり発達していることが示唆された。
研究分担畜産・栄養飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031026
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat