各種畑作物群落下での土壌流亡変化量予測法の開発(207)

各種畑作物群落下での土壌流亡変化量予測法の開発(207)

課題番号1992003098
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関農村計画・資源評価研
研究期間完S63〜H03
年度1992
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題農耕地生態系における環境保全技術の開発
中課題生態系維持型畑生産技術体系の開発
小課題各種畑作物群落下での土壌流亡変化量予測法の開発(207)
摘要南九州畑作地域での降雨による表面流出量と土壌流亡量との関係を明らかにした。1.表面流出水量中に含まれる微粒子土壌の流亡量は作付様式の種類により異なるが、10aの圃場からの流出水量10リットル当り最大で50g、最小で2gの範囲であった。2.10a当りの土壌流亡量はラッカセイが58.2kg、無マルチさといもが48.6kgと中耕・培土作業回数の多い作付様式ほど大である。3.表面流出量と土壌流亡量との関係は指数関係で近似でき、次式で示される。マルチ区の場合:ER=2.14e0.01Q(R2=0.93)、かんしょの場合:ER=4.49e0.02Q(R2=0.72)但し、ERは土壌流亡量、Qは表面流出水量である。4.限界降雨強度の出現回数の多い月は6月から9月である。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031083
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat