かんしょ育種素材の収集・保存と特性評価並びに育種利用技術の開発(32)

かんしょ育種素材の収集・保存と特性評価並びに育種利用技術の開発(32)

課題番号1992003103
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S55〜H05
年度1992
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題作物、家畜の低コスト生産管理技術の開発
中課題水田・畑における高位生産のための機械化作業技術の開発
小課題かんしょ育種素材の収集・保存と特性評価並びに育種利用技術の開発(32)
摘要甘しょ近縁野生種を中心に収集・保存並びに特性評価を行っている。本年度は新規導入系統はなかったが、枯死・消滅した系統もなく、栄養系72点、種子277点を保存している。また、新たに交配採種に供する系統を主体に95点の花器形態、交配不和合群などの特性を調査し、21点のβ−アミラーゼ活性を調査した。
研究分担畑地利用・甘しょ交研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031088
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat