サトイモ分離機構の解明(188)

サトイモ分離機構の解明(188)

課題番号1992003108
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題作物、家畜の低コスト生産管理技術の開発
中課題水田・畑における省力・低コスト機械化作業技術の開発
小課題サトイモ分離機構の解明(188)
摘要サトイモの総作業時間の60%強を占める芋分離調製作業を合理化するため、特に分離に力を要する石川早生種について、子芋と孫芋の所要分離力を明らかにするとともに、分離機構の開発を行った。所要分離力は、芋を上→下向きと円周方向に折り取る場合に小さくなる。また、孫芋の分離力は子芋より小さかった。分離方式では、ドラムやタイヤやクローラを利用した接触分離方式と、先端に芋株を固定した振り子を瞬間的に停止させ慣性力により芋を分離する慣性分離方式を試験した。接触分離方式では芋に傷が発生する問題があった。開発した慣性分離方式では、芋に傷をつけることなく50Gの衝突加速度で約90%の芋を分離することができた。
研究分担畑地利用・作業シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031093
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat