乳苗による新稲作技術の開発研究

乳苗による新稲作技術の開発研究

課題番号1992003110
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題作物、家畜の低コスト生産管理技術の開発
中課題水田・畑における省力・低コスト機械化作業技術の開発
小課題乳苗による新稲作技術の開発研究
摘要成型培地では覆土を持ち上げる傾向がみられた。緑化期間の根の伸張は、育苗箱の底穴から下方に伸び、苗箱引き上げ時に底面に土が付着した。苗箱から田植機への苗マットの装着では、苗マットの強度が不十分で苗取り板を必要とした。苗マットと田植機苗台の密着は良好で、苗のたるみはみられなかった。乳苗の植付け深さは稚苗に比べて若干浅く、植付け姿勢は劣った。1株本数は、乳苗の掻取り量8mmで3.4本、稚苗の掻取り量12mmで4〜5本であった。欠株率は乳苗、稚苗ともに約3%であった。移植後の活着は両苗とも良好で、その後高温寡照に経過し、生育は軟弱徒長気味で分けつの発生は少なかった。収量は台風害のため低収であった。
研究分担水田利用・機械化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat