九州地域における水田圃場判定システムの開発(199)

九州地域における水田圃場判定システムの開発(199)

課題番号1992003119
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H03〜H06
年度1992
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題作物、家畜の低コスト生産管理技術の開発
中課題施設・機械の効率的機械化作業システムの開発
小課題九州地域における水田圃場判定システムの開発(199)
摘要耕盤管理の要否判定、農業機械の走行の可否判定のため、有限要素法による解析プログラムを作成した。その特徴は、変形解析を平面歪状態にし、有限要素を4接点アイソメトリック要素としたこと等である。プログラムは鉄車輪の沈下データと比較してほぼ妥当な結果が得られたので、■、均一土壌のモデル、■、密度の違う土壌が2層になっているモデル、■、■の下層に幅3cmの溝があるモデルを作成した。その結果、モデルによって応力の分布が異なっていることがわかり、特に密度が変化する部分が明確に表現できた。また、九州水田作の特徴を知るため、各種統計資料、地力保全調査成績書、水田要整備調査等を用いて各項目間の相関分析を行った。
研究分担水田利用・機械化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031104
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat