シロイチモジョトウの発生時期の推定(239)

シロイチモジョトウの発生時期の推定(239)

課題番号1992003141
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関中国農試
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の特性解明
中課題病害虫の生物学的特性の解明及び診断、同定技術の開発
小課題シロイチモジョトウの発生時期の推定(239)
摘要豊後高田市に設置したシロイチモジヨトウのフェロモントラップにおける誘殺は8月上旬までは非常に少ないが、8月中旬から増加し、9月上・中旬、10月下旬、11月下旬に誘殺ピークが認められた。このような誘殺消長や同時に調査したネギ畑における幼虫発生消長から、本種は7月下旬から11月までに少なくとも4世代を経過するものと思われた。フェロモントラップ誘殺数と圃場における幼虫密度との関係を明らかにして、フェロモンによる発生予察法を改善することが今後の課題として残った。
研究分担地域基盤・害虫行動研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031126
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat