天敵生物の利用法の開発(261)

天敵生物の利用法の開発(261)

課題番号1992003162
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間中S63〜H03
年度1992
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題生物的制御技術の確立
小課題天敵生物の利用法の開発(261)
摘要水稲のウンカ・ヨコバイ類の天敵としてのクモ類の働きを評価するため,主要クモ類について個体数の年次変動および個体群増殖パターンを調査した。クモ全種の初期密度は年によって異なった。ピーク密度は年による大きな違いはなかったが,初期密度が高い年ほどピーク密度に達する時期が早い傾向があった。増殖曲線はクモの種ごとにほぼ一定しており,キクヅキコモリグモではロジスティック型,ヤサガタアシナガグモでは二峰型,セスジアカムネグモとニセアカムネグモでは指数的増加を示した。前2種では初期密度,ピーク密度ともに年による違いは小さかった。後2種では初期密度は年によって異なり,初期密度が高い年ほど早い時期にピーク密度に達した。担当者の転任のため中断した。個体群動態の専門家を補充して再開したい。
研究分担地域基盤・害虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031147
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat