稲・畑作物害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究(268)

稲・畑作物害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究(268)

課題番号1992003168
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題物理的及び化学的制御技術の確立
小課題稲・畑作物害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究(268)
摘要畑作,野菜類のネコブセンチュウ及び稲のウンカ・ヨコバイ類に対する新規化合物の防除効果及び天敵類に対する作用性を検討した。トマトのネコブセンチュウではHCN−801,5%粒剤が線虫寄生度を対照剤のバイデート粒剤とほぼ同等に抑え,また根こぶ指数については対照剤よりも低く抑えており,高い実用性が期待される。ウンカ・ヨコバイ類ではアドマイヤー粒剤及び,NC−198粉剤33DL,TI−304粒剤はトビイロウンカの発生と枯死被害を防止した。またアドマイヤー粒剤ではクモ類に対する影響は小さかったが,捕食性天敵の1種であるカタグロミドリメクラカメムシは散布区における密度減少が明らかで,影響が大きかった。
研究分担地域基盤・害虫制御研線虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031153
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat