小麦遺伝資源の特性評価(20)

小麦遺伝資源の特性評価(20)

課題番号1992003173
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S58〜H04
年度1992
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題有用遺伝資源の収集・保存・評価
小課題小麦遺伝資源の特性評価(20)
摘要在来種を中心に110品種・系統について約30形質の一次特性を調査した。供試した品種の多くは長稈晩生であったが、農林61号並の成熟期、稈長の品種・系統もあった。赤かび病、うどんこ病には比較的強いものが多かった。アルゼンチンの系統を中心に19品種・系統は穂発芽耐性が強〜極強であった。三次特性調査は16品種・系統について行った。出穂期以降、断続的な降雨が続き、赤かび病、うどんこ病の発生が多く、低収となった。また、生物研から依頼された30品種・系統の種子を増殖した。調査したデ−タは、デ−タベ−スとして蓄積するとともに、優良な品種・系統は交配母本として活用する。
研究分担水田利用・小麦育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031158
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat