各種プロトプラストへの遺伝子導入条件の検討(80)

各種プロトプラストへの遺伝子導入条件の検討(80)

課題番号1992003182
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S63〜H03
年度1992
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題遺伝子工学、細胞工学等による生物機能の開発
小課題各種プロトプラストへの遺伝子導入条件の検討(80)
摘要サツマイモ(品種、中支8号)の懸濁培養細胞からプロトプラストを調製し、5×105/mlの濃度でエレクトロポレーションに供試した。ハイグロマイシン耐性遺伝子(HPT)をもつプラスミド、puC19−HPT、及びβ−グルクロニダーゼ(GUS)をもつプラスミドpBI221をプロトプラストと混ぜ合わせ、0.75KV/cm、100μFD、10ミリ秒の条件でエレクトロポレーションを行った。その後プロトプラストをハイグロマイシン存在下で培養し、カルスを得た。このカルスよりDNAを抽出し、適当な制限酵素で処理した後、HPTをプローブにしてサザンハイブリダイゼーションを行った。その結果ハイグロマイシンで生育してくるカルスDNAにはHPT遺伝子が導入されていることを確認することができた。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031167
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat