暖水塊及び周辺域における栄養塩供給機構の解明

暖水塊及び周辺域における栄養塩供給機構の解明

課題番号1992005049
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題水域における生物生産機構の解明
大課題東北海域における生物生産機構の解明
中課題東北海域における低次生物生産機構の解明
小課題暖水塊及び周辺域における栄養塩供給機構の解明
摘要海洋の生物生産は、植物プランクトンによって支えられており、海水中の栄養塩と光が光合成を律速している。栄養塩は、海洋表層の有光層で植物プランクトンにより消費され、表層以深で生物の分解により再生産されている。東北海域では、栄養塩は有光層以深や親潮海域から供給されていると考えられている。しかし、主な供給源や供給機構については未解明であり、生物生産を考える上で、その解明が求められている。暖水塊は、東北海域の代表的な中規模海洋構造であり、亜熱帯循環系の貧栄養で暖かい水が周辺の栄養塩濃度が高く冷たい水を取り込みつつ長期間その構造を維持しているものである。暖水塊は東北海域の生物生産に大きな影響を与えているので、暖水塊周辺での栄養塩の挙動を解明する必要がある。
研究分担海洋環境・生環研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030031185
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat